安い物件を探している人必見!再建築不可物件に関する疑問と基礎知識をご紹介します!

再建築不可物件を賢く探したり調べたりする方法とは?

再建築不可物件を賢く探したり調べたりする方法としては、専門の不動産会社を見つけるのが第一歩です。
再建築不可物件は建築基準法や道路交通法などによって、解体後の再建築ができない土地などを指します。
場合によっては建物を建てられる面積が限られてしまうため、最悪建築できないといった結果になってしまうケースもあるからです。
このような物件は一般の不動産会社では安値で叩かれてしまうため避けられるケースがあるのですが、逆にこれを逆手に取った不動産会社も存在します。
この場合リフォームなどのノウハウや、解体をせずに内部だけリノベーションするなどの様々な実績があるため安心して相談できる業者が多いのが理由です。
まずは専業としての業者を探し当てることと、その業者にも強みと弱みは存在するので比較検討できると理想でしょう。
特に都内や都市部の人口密集地などでは、このようなケースの物件があることが多いため業者を探しやすいのです。

再建築不可物件については建築指導課に聞くべき

再建築不可物件とは、現在建っている建物を取り壊して、新しい建物を建て直すことが法律上出来ない物件や土地のことを指します。
再建築が不可かどうかは、建築基準法(建築基準法第42条)によって定められています。
これは、災害や火事が起きたときの避難経路や、救急・消防車両の経路を確保するためのルールです。
具体的には、建物の敷地が建築基準法上の道路と全く接していない、建物の敷地が建築基準法上の道路と接しているが、接している幅が2m未満である、建物の敷地が幅員4m未満の道路や、私道とのみ接しているなどの場合が再建築不可物件として挙げられます。
再建築不可物件は取得費用が安いなどのメリットはありますが、建て替えができない、住宅ローンを借りられないなどのデメリットもあるので、不動産購入時には再建築不可物件か否かを確認する必要があります。
なお、当該土地や物件が再建築不可なのか否かは、登記簿上には記載されていないので、管轄する役所の建築指導課などで調べる必要があります。

再建築不可物件に関する情報サイト
はじめての再建築不可物件

こちらのサイトでは、不動産投資を始めたいけれど少しでも安い物件を求めている、比較的低価格で購入可能な再建築不可物件に関する疑問や基礎知識について分かりやすくご紹介していきます。購入したい人だけでなく、再建築ができない不動産を所有している人にも買取相場がどのくらいにあるのか、購入したい人向けの賢く探したり調べたりする方法などにも触れているので現在の疑問や悩みなどこちらを読むことで解決できるのではないでしょうか。

Search